ひな祭り&結婚記念日

 娘たちが集まり、お祝いをしました。

 メルボルンの娘親子とラインを見ながら一緒にカンパイ。

 いつも辛口評価の妻がめずらしく「今日の日曜討論の共産党の人の話がとても冷静で言葉に無駄がなく素晴らしかった」という話に「誰?」と言う会話からはじまり、天皇の退位やら、森友学園の話やら、労働組合や職場での党の活動のことやら…、
 いつもながら、会話はつきず、手作り料理もおなか一杯食べました。
 朝からの会議で疲労困憊ぎみの私は先に休ませてもらいました。

分厚い党組織があると警察官の処遇もちがう?

 ポルトガル第二の都市、ポルトで見かけたおまわりさんの自転車です。

 2人の警官が颯爽と走ってきて駐輪し、カフェの中に消えました。
 石畳の街ですから、FサスのあるMTBの方が使いかっていいのはうなずけます。
 さすが、観光都市だけにカッコイイなぁと思って、ワイングラス片手に思わず撮っておいたのですが…。

 先日の田川実さん(党書記局員・国際委員会事務局長)を講師に行った「綱領を語る集い」でお話を聞いてガテンがいきました。

 来年1月に迫った党大会に向け全党討議にふしている決議案は「日本共産党は、戦前、戦後の95年のたたかいを通じて、発達した資本主義国で社会変革をめざす党としては、世界でも最前線に立っている。そのことへの確信と自覚をもち、党創立100周年をめざし、力あわせ前進・躍進をかちとろう」という文章で結んでします。

 田川さんはこの部分について、「『最前線に立っている』っていうのは、『ナンバーワン』という意味ではないんですよ」と言って、ポルトガル共産党を例にひきました。

 昨年の総選挙で緊縮政策に反対した野党が多数をしめ、連立に消極的であった野党第一党に閣外協力での協力を申し出て、新しい政府を作ったというポルトガル共産党。
 その党勢は、人口比にすれば日本共産党の二倍以上で、その方針文書には軍や警察組織の中での活動まで記述されているとのこと。

 …そういえば日本にも戦前は、帝国軍隊内で「聳(そび)ゆるマスト」「兵士の友」などを発行して、侵略戦争に反対してたたかった日本共産党の組織がありましたが。
 
 ポルトガルの警察官の自転車が、日本の警察のような廃棄された自転車をリサイクルしたようなのでなく、職務にふさわしいものになっているのも、現場の声を反映させるたたかいがあってのことなのでしょう。
 世界でも日本でもすすむ、平和を求め格差と貧困を打開するたたかいへの確信を感じた一コマでした。

第四回の講師は、田川実・党国際委員会事務局長に決定!

 党葛飾地区委員会主催の「党綱領を語る集い」
 第四回の講師は党中央委員会・国際委員会事務局長の田川実書記局員に来ていただくことになりました。

 第27回党大会決議案は、野党連合政権の呼びかけが大きな反響と共感をひろげています。同時に、世界でも平和を求め格差と貧困の是正のためのたたかいがひろがり、国内での野党と市民の共闘と共鳴しあっていることに、あらためて日々の頑張りへの確信が深まり、勇気が湧いてくるとの声が上がっています。

 そこで、第四回の「綱領を語る集い」のテーマは、国際問題の中でも、中国や北朝鮮問題はすでに第二回でとりあげましたので、商業マスコミでは目にすることの少ない「世界の平和と社会進歩のたたかいと、日本共産党の野党外交」を中心に、党綱領の生命力を語っていただきたく予定です。
 
 12月17日(土)午後2時~5時、東立石地区センター(10月の葛飾区党後援会総会を開催した会場)です。
 ぜひ、お誘い合わせておいで下さい。

党綱領を語る集い・第三弾 「自民党改憲案VS日本共産党綱領」

 次回は標記のタイトルで、野島英夫・元党区議団長がお話します。
 11月6日(日)午後3時から、勤労福祉会館・集会室です。

 第2回「日本の安全保障、中国・北朝鮮・自衛隊」が、10月7日、石井耕太・党都学習教育部長を講師に党・葛飾地区委員会で開催され、平日夜にもかかわらず、28名が参加しました。
 20世紀全体を党綱領がどう見ているかという問題から説き起こし、「戦争の違法化」が今日では実際に戦争をさせないところまで発展していること。そして中国や北朝鮮の無法をどういう道筋で解決すべきとしているかをお話しました。さらに、後半では憲法と自衛隊との関係について「註解日本国憲法」も引きながら歴史的に解明し、綱領の態度を説明しました。
 参加者からの質問は、現在の中国を「社会主義をめざす国」と見るか、北朝鮮問題についての党の見解を簡単に説明するにはどうしたらいいか、安保条約のメリット・デメリットは、抑止力についてどう見るかなどと、多岐にわたり、石井さんが丁寧に答えました。
 「難しい問題を、理論的にわかりやすく話してもらえた」「綱領の土台がいかにしっかりしているか、確信になった」「Q&Aの時間がとても充実していた」などの感想が寄せられました。

 ぜひ、次回もご期待いただき、ご来場をお待ちしています。

綱領を語る「野党共闘 歴史と展望」―日本共産党の「統一戦線」論

 木村陽治さん(元党都議団長・元中央委員)に講師をお願いして、党綱領を語る集いを開催しました。
 テーマは、党の「統一戦線」論。

 約2時間半にわたってお話してもらいました。30人ほど参加しました。

 まず、2年半前の第26回党大会では統一戦線の到達点をどうみていたか、から始まり
 今日の野党共闘の発展の意味、
 戦後の統一戦線運動の歴史と綱領との関係、
 さらに綱領第4章13節の記述を逐条的に詳しくお話し、
 「日本共産党はどういう日本をめざしているかだけでなく、どう実現しようとしているのか、その道筋を「統一戦線の発展」として、明らかにしている」こと。
 そこには社会は段階的に発展し、多数者の意思で一つひとつ前進するという立場にたって社会に働きかけるという、党の理念があることを説明しました。

 お話の後、3人から質問がありました。
 葛飾での野党共闘の展望についての質問には「それは、今日は地区委員長も参加しているので、地区委員長に答えてもらいます」と振られまして、私もお話しました。 

 感想文には
 「テーマも情勢にドンピシャ、とてもわかりやすいお話でありがとうございました」
 「野党共闘の意義や、綱領の一つひとつの文章の意味がよくわかった」
 「61年綱領ができるまでの話を統一戦線の角度から聞いたのは初めて」
 「『国共合作』の話は面白かった」
 「綱領で党建設の意義を書いているのが唯一、統一戦線発展の決定的な条件として、との指摘は目からウロコだった」
 などが寄せられました。
 「木村さんは『眠かったらどうぞ寝て下さい』と言ってたけど、寝ている人なんて一人もいなかった。もっと大勢に聞かせたかった」との声も、聞こえました。

 こうした集いをたくさん開きたいと思います。

 次回は、10月7日(金)午後6時~、
 「日本の安全保障―中国、北朝鮮、自衛隊」のテーマ
 石井耕太都委員会学習教育部長がお話します。

 ぜひ、お出かけ下さい。
プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、14年は39,724票(得票率18.8%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫2匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター