日本共産党5議席確保、改選議席1増。木原敬一区長候補は大健闘!

葛飾区長・区議会議員選挙の結果について
2017年11月13日 日本共産党葛飾地区委員会

 12日投票で行われた葛飾区長選挙で、日本共産党も支持してたたかった「葛飾区庁舎建替えに反対する区民の会」の木原敬一候補は、50,126票(得票率31.74%)を獲得し、当選はできませんでしたが、大善戦・大健闘しました。
 同時に行われた区議会議員選挙で、日本共産党は6人を擁立し議席増に挑みました。新人の樋口候補がわずか10票差でおよびませんでしたが、19,051票(得票率12.62%)を獲得し、5名当選で前回当選数を確保し、改選議席から1増となりました。
 木原区長候補と日本共産党区議候補にご支持・ご支援いただいた支持者・後援会会員・党員のみなさんに心から感謝申し上げます。

 今回の選挙は、直前に行われた総選挙での市民と野党の共闘が葛飾区政をめぐってもひろがり、区役所建替え計画に反対する市民運動から共同の候補として木原敬一氏が出馬を決意。日本共産党は木原氏を支持し、区役所建替えよりもくらし優先の区政の実現をめざし、保育園の待機児解消や、国保料の一万円値下げなどくらしを守る公約を掲げてたたかいました。
 現職区長候補は区役所建替えについて選挙中に一言も語らず、自・公・民などの区政与党らも触れませんでした。日本共産党は数百億円もの税金をつぎ込む施策について、選挙で区民にはからない姿勢そのものを批判しました。

 選挙の結果、自・公・民与党勢力の合計は前回比で3議席減となり、都民ファーストは5人立候補しましたが1名当選にとどまりました。
 葛飾地区委員会は、ひきつづき際限ない税金のつぎ込む現在の区役所建替え計画の中止をかかげ、お寄せいただいた期待にこたえ公約の実現に全力を尽くします。

以上

2017年総選挙の結果について

総選挙の結果について
2017年10月23日
東京17区選挙闘争本部

 10月22日投・開票で行われた総選挙の結果、日本共産党は沖縄一区で、オール沖縄の赤嶺候補が議席を守り、比例代表は11議席の獲得にとどまりました。
 東京では、比例代表で2議席を獲得しましたが、池内さおりさんの議席を失う残念な結果となりました。東京17区では新井杉生候補が、江戸川区内の区割りの変更の中で前回比で3千票余の得票増で、得票率も伸ばし、小選挙区制では過去最高の得票数・率となる健闘でした。
 ご支持いただいた区民のみなさん、ご支援いただいた支持者、読者、後援会のみなさん、大奮闘していただいた党員のみなさんに、心から感謝申し上げます。

 今回の総選挙は、安保法制=戦争法の強行からはじまった「市民と野党の共闘」でたたかわれた初めての衆議院選挙となりました。
 安倍総理の自己保身のための突然の冒頭解散、小池都知事による希望の党の結成と民進党の吸収、さらに「排除」されたメンバーによる立憲民主党の発足という情勢のめまぐるしい展開のなかで、日本共産党はあくまで野党共闘を追求しました。67人の候補を自らとりさげて最終的に全国の249の小選挙区で候補者の一本化を実現してたたかいました。その結果、野党三党の議席数は改選前の38(共産21、立憲15、社民2)から69議席(共産12、立憲55、社民2)へと大幅増となりました。
 17区でも、昨年の都知事選から始まった野党の共同が、今回初めて国政選挙で実現しました。

 日本共産党は議席の後退という残念な結果となりましたが、力をつけて捲土重来を期します。
 市民と野党の共闘をさらに発展させるとともに、公約実現のために全力を尽くす決意です。

安倍暴走政治の退場を

 モリカケ日報、政治の私物化、民進のゴタゴタ、北朝鮮の暴走…。
 いろいろあって冒頭解散。
 いよいよ野党と市民の共闘で、安部暴走政治を退場させようと思ったら、民進の脱落・・・。
 ブログを更新しない間に、いろいろなことがありました。

 で、希望の党。
 本日付「毎日」朝刊のエッセイストの小島慶子さんの発言に注目しました。

 「小池百合子さんは、映像メディアの特性をよく知っていると思う。
 『希望の党』の綱領…には、話題の言葉がすべて取り込まれている。多様性、寛容、情報公開、しがらみのない政治・・・。
 『こういう言葉が人々の心をつかみやすい世相なんだな』というぐらいに考えた方がいい。
 では、何を信じればいいのか。私は政治家が起きたことにどう対処したかを見ればいいと思う。
 …築地市場移転の最終判断尾記録を残していなかった。・・・関東大震災の際の朝鮮人虐殺被害者への追悼文送付を取りやめた時も…自分の考えをしめさなかった。
 前例に照らせば100%信用できないのではないか。」
 
 その通りと思います。

 「しがらみ」とは「まとわりつくもの」との意味のようです。
 豊洲移転にしても、追悼文送付のとりやめをみても、「しがらみのない政治」が言葉遊びにすぎないことは明らかです。

 野党と市民の共闘には、そんなものとは違い、前進する客観的な必然性があります。
 それを語りつくすのが、今度の選挙です。
 その先頭に立つ候補者としては、ますます、おもしろくなって来ました。

都議選結果の報告と緊急募金

 都議選が終わり、結果報告とあわせ、九州の大水害救援募金の宣伝行動を、亀有駅で行いました。
亀有救援募金
 急な提起でしたが、地元亀有支部のみなさんとあわせ15人ほどが参加し、当選した和泉なおみ都議や区議・予定候補とマイクをまわして呼びかけました。

 今朝の新聞にも被災され犠牲になった方々の悲しい報道が続いています。

 小さい子どもさんにお金を渡して募金させてくれた若いお母さんや、スーツ姿の男性、高齢者の方など、1時間ほどの間に64,050円が寄せられ、南水元支部から別途、届けていただいた15.380円とあわせ、79,430円に達しました。
 本日も、金町駅でとりくまれる予定です。

 週明けにも集計して現地に送金し、救援活動に使っていただきます。

 選挙の結果、葛飾区でも和泉候補が再選をはたすことができました。
 元自民党の幹部だった方が「今度は家族で共産党に投票することにした」というお話を寄せていただきました。

 次は、総選挙。葛飾では区長・区議選が11月に迫っています。


志位委員長来る!

 来る6月10日、土曜日、午後3時からJR亀有駅南口に
 志位和夫委員長を迎えて街頭演説を行います。

 ぜひ、お出かけください。
プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、17年は43,138票(得票率19.59%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫1匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター