「派遣切り」 大企業の無法をただせ

 昨日も、「非正規切り」にあった青年が、東京の東部から新宿まで4時間かけて歩いて相談にいかれたそうです。
 地元の区議に連絡が入り、ただちに生活保護の手続きがとられました。手持ちの現金もなくなり、コンビニで期限切れになる食品をもらって命をたもっていたそうです。

 大企業は、株主配当は増やしておいて、先頭になって首を切る。解雇することを「首にする」と言うのは、文字どおり、命にかかわることだからです。

 政府は「違法があれば適格な指導を厳正におこなっている」と言いますが、現実に相談に訪れる青年労働者の実感からは遠いものです。
 志位委員長は、「個別の案件には、答えられない」という政府の姿勢の甘さを、「そんな姿勢では大企業が増長するだけだ」と厳しく批判。日本経団連や大企業経営者の国会招致と集中審議を求めました。

 「突然のリストラなど不当な仕打ちでお困りの方は、ぜひ、日本共産党にご相談下さい」。
 今朝は、JR金町駅南口で、三小田准一区議と一緒に駅頭で宣伝しました。
 明日の朝は、JR小岩駅北口で、藤沢久美子区議との予定です。
志位委員長の質問衆院予算委員会 2009年2月4日報道記事
〃 動画

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、14年は39,724票(得票率18.8%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫2匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター