FC2ブログ

29年ぶりに再開する葛飾革新懇に270人が参加

 88年に結成されていた葛飾革新懇が、30年近い休眠を経て再スタートを切りました。
 開会のあいさつをしているのは、当時の代表世話人の一人であった木村陽治元都議。
革新懇再開縮小版
 葛飾革新懇が結成された消費税が強行された30年前。私自身は、結成直前に民青葛飾の委員長から都常任に移動したため、関わっていませんでした。

 その後、オール与党体制から二大政党づくりや政権選択選挙など、長い「共産党を除く」時代が続きました。しかし、安部自公政権の国のあり方を壊す大暴走が、市民をたちあがらせ、その力が政治の「壁」を突き崩しました。
 区内でも昨年の総選挙で初めて他会派からの応援を受け、直後の区長選でも市民との共同の候補が大健闘。新しい流れが始まっていました。

 この時に、開始された共同の輪をさらに広く強くする、推進の土台になる革新懇が再開されたことは力強い。
 しかも270人もの方がその再スタートに立ち会ってくれたことは、大きな確信となりました。

 強く大きな党づくりも必ず実現させたい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、17年は43,138票(得票率19.59%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫2匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター