新金線旅客化実現のために、国土交通省に行ってきました

 葛飾区が来年度予算に新金線(貨物専用)の旅客化を含む2千万円の調査費を計上し、そのことを2月6日のNHKニュースが「葛飾の新金線をLRT(路面電車)に」と何度も放映。
 区民の関心が集まりました。
鐡道局縮小 
 国土交通省(手前側)の説明をうけ質問する、左から木村秀子区議団事務局員(区議予定候補)、私、樋口まこと区議予定候補、木村陽治・和泉なおみ事務所員

 葛飾区は5年前に区の基本計画から除いたのになぜ調査費を計上したのでしょうか。区議会での質問にも「進展はない」との答弁です。

 新金線の旅客化実現の最大のネックは、国道6号を今のまま平面交差できるのか、それとも高架にしなければ認可されないかです。高架化が条件となると莫大な費用で事業の採算性が困難です。一方、踏切周辺では国道の拡幅工事が進められています。

 そこで、山添拓・参議院議員事務所に協力してもらい、国土交通省にお話しを聞きに行きました。

 まず、国交省の鉄道局都市鉄道政策課の企画調整官は「ニュースは知っていますが、正直言って何も葛飾区からのお話はなく、進展もありません」としつつ「LRTということになれば、われわれも事業調整はします。国道を横切るのは高架でなければならない法律はなく、踏切を決める規則にある」とのこと。(後日、その省令が送られてきました)

 また、国道局防災課の課長は、「新宿拡幅事業は用地買収が8割程度進んだところです。事業は3年ごとに見直しがされますが、道路の立体化がいつになるかは、まだわかりません」との説明でした。

 新金線旅客化実現のためには貴重な情報だと思いますし、葛飾区の“本気”の推進が求められます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、17年は43,138票(得票率19.59%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫1匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター