教育資料館

 葛飾区水元にある教育資料館。旧水元小学校の校舎を使っています。今では23区で唯一残された木造校舎。区の文化財にも指定されています。
 この資料館の廃止条例を明日の区議会本会議で可決しようとしています。 

 しかし、この資料館の値打ちは校舎だけではありません。
 戦前の教育とはどんなものだったかが、手に取るようにわかる資料が豊富に保存されているからです。

 教室のすみにおかれたご真影の入った箱。
 本来は校庭に建てられた奉安殿に鎮座し、前を通る時には、敬礼することが強制されていました。

 また、この校舎は1942年4月。真珠湾攻撃のわずか半年後にあった本土への初の空襲で最初に犠牲になった場所でもあります。
 その時のB25からの銃弾と銃痕。

 14歳の石出巳之助さんが犠牲になりました。

 校舎に対し、どの方向から銃撃されたのかも示されています。

 また、学童疎開の様子も展示されています。

 しかし、この資料館の圧巻は戦前の教科書が手に取ってみることができることではないでしょうか。
教科書展示IMG_0916
 小学校の歴史は、天照大神から教えられていました。
 今でもアメリカの一部の州では、アダムとイブから歴史が教えられているという話を聞いたことがありますが…。 
目次IMG_0915
 チュウギという賞では、部下を救うために立派に戦死したと、讃えられています。
忠義IMG_0913
 軍艦についての章も。
戦艦IMG_0905
 戦前からの教科書がたくさん保存されています。
 惜しむらくは、戦前と戦後でどのように、教育が変わったのかがわかりにくいこと。たくさんの資料が生かし切れていないように感じました。

 しかし、近代日本の教育の歩みを、まさに手に取って理解を深めることができる貴重な教育資料館です。
 近隣諸国とも、歴史認識がおおきな問題になっているときに、せっかく当時の歴史教育などの貴重な資料を公開している資料館を廃止することなど、絶対に止めなければなりません。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、14年は39,724票(得票率18.8%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫2匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター