戦争法案の廃案めざし宣伝

 先週のJR新小岩駅につづき、葛飾の党区議団と和泉なおみ都議そろっての駅頭宣伝を行い、私も訴えました。
亀有駅大宣伝_convert_20150530195500
 志位委員長の国会論戦で、戦争法案の本質が露呈し、違憲立法であることがあきらかになりました。
 そもそもこれまでの自衛隊の後方支援が、ジュネーブ条約から見ても攻撃対象であることを政府が認めていたこと。これまでのイラク派遣でも対戦車ロケット弾や無反動砲・重機関銃などでの応戦を想定しており、どこから見ても憲法が禁止する武力行使であること。
 さらに、これまでの派遣でも54名もが、過酷な体験から精神を患い自殺していること。大勢の犠牲者がでているアフガンやイラクでISAFの活動への参加も否定しないこと。そして、無法なアメリカ侵略への加担の可能性…。

 思想・信条や政党支持のちがいを乗り越え、この無法を阻止する共同を呼びかけました。

 南沙諸島での中国の無謀な埋め立てをやめさせる。そのためにも、北東アジアの大軍拡となる辺野古の埋め立てもやめ、平和構築への日本の本気の態度を行動で示して軍縮を迫る。そうした、道理ある行動で国際社会の圧倒的な世論で、この地域の軍拡を阻止することこそ、日本が本来果たさなければならない役割です。
 
 それにしも、先日のNHKの「あさいち」のコメントにはあきれました。
 もうグルメやエンタメのたぐいしか報道しないかと思っていたのに、沖縄問題をとりあげていたので、たまには社会問題にも目をむけようとするのかと、感心して見始めたのですが。
 オール沖縄の建白書とこの間の選挙での民意の反映に至る、県民の選択の経過に寄り添うのではなく、今になって少数意見にことさら焦点を当て、コメントして見せる…。

 戦争法案審議が行われているだけに、報道のかかわる一人ひとりに、今、歴史の教訓に対する態度が問われているのではないでしょうか。 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、17年は43,138票(得票率19.59%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫1匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター