はたの昭彦候補、第一声

 足立区長・区議選が告示され、はたの昭彦区議候補の第一声が選挙事務所近くの公園前で行われました。

 足立区は、保育料が高く、近隣では無料となる住民税非課税世帯の第一子からも年額43,200円も徴収しています。そうやって1190億円もため込んでいるのに、学校は統廃合や、公園のトイレまで年間30万円の維持費をケチって130カ所も撤去しようとしています。
 共産党以外は、区長のいいなりになって100%なんでも賛成のオール与党。
 まともな政治をつくるためには共産党議員団を増やすしかありません。

 区長には斉藤まりこさんで、区民の声が生きる政治をつくりたい。
 おとなりの葛飾から、精いっぱいのエールを送りたいとおもいます。

 連休中、妻の実家の岩手へ。
 往路は、常磐道から三陸を経由しました。
 福島県内で、広野ICから浪江ICの間、国道6号を通ってみました。

 Jビレッジから徐々にサーベイメーターの数字があがり、福島第一原発から直線距離で4キロ程度の大熊町では車の中(そとには出られない。オートバイなどは通行禁止区間)で、7μ㏜/hを超えました。

 南三陸の旧防災庁舎のまわりはすっかり様子がかわり、かさ上げの土砂に囲まれていました。陸前高田も巨大な工事現場。津波で破壊された旧ユースホステルと一本松が、被災当時の様子を残していました。 
陸前高田IMG_0600_convert_20150510103615

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、17年は43,138票(得票率19.59%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫1匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター