朝日・東大の共同調査の回答について

 朝日新聞の12月7日付32面に掲載された、「政策・争点 小選挙区候補者のスタンス」の記事に私の回答がなかったのは、まったく実務的なミスによる返答漏れでした。
 朝日新聞読者のみなさんに、心からお詫びするとともに、以下のとおり回答するつもりであったことをお知らせします。
 (回答順は、新聞掲載の質問項目順とします)

憲法改正について…反対

特定秘密保護法の成立…まったく評価しない
集団的自衛機縁の行使を認める閣議決定…まったく評価しない

防衛力の強化…反対
他国からの攻撃が予想される場合は先制攻撃も・・・反対
北朝鮮に対しては対話よりも圧力を優先…とちらとも言えない
首相には靖国神社を参拝してほしい…反対
サービスが悪くなっても小さな政府が良い…反対
公共事業による雇用確保は必要…どちらかと言えば賛成
当面は財政再建よりも景気対策のため財政出動…どちらとも言えない
長期的には消費税10%超はやむをえない
法人税率の引き下げ…反対
カジノ解禁…反対
治安のためにプライバシーや個人の権利を制約…反対
永住外国人に地方参政権を…賛成
外国人労働者の受け入れ促進…どちらとも言えない
道徳教育の充実…どちらとかと言えば反対
原子力規制委の審査に合格した原発の運転再開…反対
夫婦別姓を認める法律を…賛成
女性のための地位向上の制度を…どちらかと言えば評価する

以上です。

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、17年は43,138票(得票率19.59%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫1匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター