FC2ブログ

解散・総選挙

 この解散をどう表現するか?マスコミもにぎやかです。

 昨日の毎日新聞では、同志社大教授の浜矩子さんが「メッキはがれたアベノミクス」と題した文章を寄せています。
 安倍政権の経済政策を簡潔に批判したうえで、それと解散とは脈絡はなく「将棋で負けそうになったからと言って、将棋盤をひっくり返すようなもの」と痛烈です。

 どう年を越そうかと苦慮している国民に、とうの原因をつくったご本人が、延命のために解散をする。
 多くのみなさんが腹を立てるのは当然です。

 この怒りは、安倍政権の思惑を打ち砕くこと以外におさめる手立てはありません。

 安倍政権を打倒するために、日本共産党を躍進させましょう。
 私も全力でがんばります。
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、17年は43,138票(得票率19.59%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫2匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター