FC2ブログ

保健センター守れ

 「私は三カ月の子を持つ22歳の主婦です。
 小菅保健センターで健診だけでなく
二か月・三か月の会や若ママが集まる会に
参加させてもらってます。
 私の近所には私と同年代のママがいなく、子どもと同い年の子も
いないので交流の場が近くにあって大変助かっています。
 小菅保健センターがなくなってしまったら
交流の場がなくなってしまうので
存続してほしいです。お願いします。」

「今、3歳の子どもを持つ母親です。
 私はこの子が一人目の子どもで、子育てに不安や心配がありました。でも、小菅保健センターの皆さんにはいろいろと相談にのって頂いて、すごく助かりました。
 子どもが生まれたばかりの頃、母乳のことで悩んでいた私に、訪問した保健師の方が親切に話してくれて、一人で悩んでいた私は、他人に相談して話をきいてもらうことがすごく大切なことで、自分自身にも自信がつくことなんだなと、その時も今も思っています。
 これから二人目も考えています。小菅保健センターが廃止されたら、わたしたち母親は誰に相談して子どもを育てていけばいいのでしょうか。
 お願いします。子どもや母親の居場所を取らないで下さい。」

 葛飾区はおろかにも、住民の保健・衛生の砦である区内6か所の保健センターのうち、2か所を来年廃止する計画を打ち出しました。

 地域の共産党支部がさっそく、署名付きのお知らせビラを配布したところ、子育て真っ最中の母親たちから切実な声が寄せられています。

 少子化が深刻な時代に、保育園も足りず、今度は保健センターを廃止するとは、日本民族の絶滅でも考えているのかと、怒りでいっぱいです。

 この問題をお知らせするアンケート付の「葛飾区議団だより」ビラを全戸に配布し、区民のみなさんの声を集め、なんとしてもこの無責任な計画をやめさせるつもりです。


 20日行われた秩父市議選で、私の兄は前回より投票率が下がるなかでも得票を伸ばす健闘でしたが、残念ながら議席を守ることができませんでした。ご支援をいただいたみなさんに、私も身内として者として心からお詫びを申し上げます。

 しかし、平和とくらしを守るたたかいは、これからが正念場です。
 私も自分の持ち場で力を尽くしたいと思います。
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、17年は43,138票(得票率19.59%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫2匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター