帝国軍人も赤面する橋本発言

 当時でさえ、慰安所などというものは、「聖戦」と信じて銃後の守る家族らに存在を知らせわけにはいかない秘密でしたし、売春禁止の決議も多くの地方議会があげていました。

 橋下氏の発言には、当時と今は違うというニュアンスがありますが、当時の帝国軍人であっても赤面して下をむく発言です。在日アメリカ軍の将校がひきつるのも当然です。
 
 恥ずべき人間蔑視の世界観であることを、自覚すべきです。

 しかし、その後の言い訳はさらに見苦しさえを重ねるばかりで、言葉もありません。

 今から約130年前、秩父困民党の軍律五箇条は以下のようでした。

 第一条 私ニ金品ヲ掠奪スル者ハ斬
 第二条 女色ヲ犯ス者ハ斬
 第三条 酒宴ヲ為シタル者ハ斬
 第四条 私ノ遺恨ヲ以テ放火其他乱暴ヲ為シタル者ハ斬
 第五条 指揮官ノ命令二違背シ私二事ヲ為シタル者ハ斬

 この軍律は蜂起をとおしてほぼ守られたそうです。(田代栄助尋問調書より)
 侵略軍との違いではないでしょうか。
 

 区内の渋江公園のバラが見ごろを迎えています。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、14年は39,724票(得票率18.8%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫2匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター