イスを投げる人々

 石原慎太郎氏が、突如、知事を辞任しました。
 かっての革新都政が築きあげた東京を、文字どおり根こそぎ破壊したうえ、大開発や銀行づくりに都民の税金を湯水のように使い、自身は豪華海外視察を繰り返す…。

 国の悪政の痛みの大きさの陰にかくれて都政の痛みが実感されにくいかったため、都民の批判をまぬがれてきましたが、国政に出れば賞味期限切れはたちどころに露わになることでしょう。

 一度総理のイスを投げ出した安倍晋三さんと、知事のイスを投げ出した石原さんと大阪の橋下さんの「イス投げトリオ」が、極右的な政治を掲げています。

 政治の暴走をを食い止め、くらしを守る政治への転換のたたかいが切って落とされます。都知事選挙は11月29日告示・12月16日投票と決まりました。
 葛飾では、現職都議の自殺があったため補欠選挙が急きょ、12月7日告示で知事選とともにたたかわれます。

 衆院候補は、野球で言うとリリーフピッチャーみないな気分で、「いつ登板になっても大丈夫なように、ブルペンで肩を作っておく」という感じの日々なのですが、和泉なおみさんの登板が先になりました。

 先日、江戸川区東小岩と南小岩の共産党後援会の敬老の集いが開かれ、50名が参加しました。
 昨年に続き、小俣区議のおめでたい獅子舞が披露されました。 
こぶしの会敬老の集いP2012_1021_135309
 葛飾では、高齢者の医療と介護の今を考える集いが開催されました。
 東京社会保障推進協議会の福井典子さんの講演と、運動や介護の現場からの発言もありました。
後期高齢学習会P2012_1027_152842
 「75歳以上を『後期』などと名づけた政党に対して、『後期自民党』『後期民主党』『後期公明党』と呼んであげたい」との発言もありました。

 せっかく石原氏が知事を下りてくれたのですから、まともな高齢者福祉をとりもどしたい。
 チャンス到来です。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、14年は39,724票(得票率18.8%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫2匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター