水元公園の除染と「こどもまつり」対策lを

 こどもと区民を放射能汚染から守る葛飾連絡会のみなさんが、石原都知事や青木区長に、水元公園の除染や4月に開催予定のこどもまつりについて、対策をもとめる要望書を届けました。
 
 水元公園は3月6日の測定でも高い線量が検出されています。
 お隣の松戸市では、国の指定を受け公園の芝生の張り替えなど、手立てを講じています。

 すでに昨年も実施したこどもまつりを、これほど汚染が明らかになってにもかかわらず、今年も実施しするなら、さらにたくさんの子どもたちが、被曝の危険にさらされることになります。
 そもそも、すでに水元公園はこどもたちの姿は極端に少なくなっています。
 行政の責任は免れません。

 先日、一般紙に東京都の広報が折り込まれました。その一面はオリンピック招致推進の特集でした。

 しかし、巨大な直下型地震が予想され、放射能汚染を放置している東京で、オリンピックが開催できるはずがありません。

 巨大開発の口実に、オリンピック招致をかかげ、そのじゃまになるなら、都民とこどもたちの健康障害を無視して放射能対策を実施しない…。
 幾重にもオリンピックを愚弄するものです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、14年は39,724票(得票率18.8%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫2匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター