10・23全国青年大集会めざして

 全国青年大集会は、2003年から毎年明治公園で開催されてきました。
 当時、「人間はモノじゃない」のスローガンの下開かれる集会にむけて、JR新小岩駅でネットカフェ難民の調査を行い、私も泊まってみました。

 今年の集会にむけて、都内で学習交流集会が開かれ参加しました。
 (会場内はもちろん圧倒的に20代の男女。私の世代は数%でした)

 就活シンポにとりくんでいる学生や、毎月街頭労働相談を続けている青年、組合を結成して解雇を取り消した青年労働者や被災地へのボランティアの経験など、さまざまな取り組みが交流されました。
 参加できなかった葛飾の青年たちに伝え、成功に向けて力をあわせたいと思います。 

 さて、今日は区内の都立水元公園方面に放射能測定に行きました。

 公園入口や「松浦の鐘」、中央広場などを計測しましたが、0.27から高いところで0.40μSv/h。
 看板の下など、放射性物質が集まりやすいところは0.71もありました。
 少しでも早く、可能なかぎり抜本的な手立てをとることが求められます。

 さわやかな秋晴れのもと、公園の中にはたくさんの家族連れ休日を過ごしにやってきています。
 大勢の子どもたちが、楽しそうに駆けまわっているのですが…。
 原発の再稼働を主張する人達は、この光景をどう思うのでしょうか。

 先日、ある大学教授がラジオで「電力会社から見れば、今除染に莫大な資金を投入するより、将来発病してから賠償を求めて裁判をしてもらったほうがはるかにコストが低いと見ているのではないか」と言っていました。
 水俣病でもイタイイタイ病でもその他の公害や薬害でも、責任が確定し被害者への補償が始まるまでどれほどの命が消えていったでしょうか。「我なき後に洪水よ来たれ」でやりすごそうとする政治を、許すわけにはいきません。

 葛飾区議会では日本共産党の中江秀夫議員が、本会議の一般質問で測定と除染を求めました。
 区長は「小中学校、保育園、幼稚園の施設長を対象に、放射線の健康影響についての基礎的な説明を保健所の医師が行い…首都大学東京より放射線学の教授を講師として招き…講習会を実施した」そうです。
 その内容が、どう子どもたちに伝わっているのでしょうか。

 また、除染については「日常的な施設の維持管理の中で…きめ細かな清掃作業を実施して対応」し、測定については、「区民のみなさまの要望など勘案した上で、実施の検討」をするそうです。
 もっともっと世論と運動を強めなければ。 

 10月1日には、渡辺キヨ子区議がテクノプラザかつしかで学習会をひらきます。
 私は同日、立石地区センターで「生活と健康を守る会」の学習会で、お話をする予定です。
全国青年大集会ブログ
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、17年は43,138票(得票率19.59%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫1匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター