第5次ボランティア

 震災から半年を迎える9月9日から11日に、石巻にむかいました。
 共産党葛飾からボランティア派遣としては第5次となります。
 
 初日は支援物資の整理。
 石巻支援をになう、東京や千葉・神奈川・沖縄など各地から共産党を通じて寄せられた支援物資のうち、「食器」と標示されている段ボール箱を開け、茶碗やお皿、小鉢、箸など、種類ごとに分類し、再度段ボールにつめかえる作業です。

 二日目は、門脇地域の墓地の泥だし。

 作業前。

 ヘドロの中に様々なものが埋まっており、「泥だし」というより「ガレキ出し」の作業でした。
 作業後。

 前回作業した墓地に行って見ると、すっかりヘドロはとりさられ、散乱していた墓石もそれぞれの家ごとに整理して積み上げてあって、きれいに組みなおすのを待つばかりの状態になっていました。
 私たちも担った作業のリレーが、ここまで到達したかと思うと感無量です。

 3日目、日和山の10数戸の小さな仮設住宅と、渡波の大きな仮設とで無料バザー。
 たくさんの被災者に食糧・衣類などの支援物資をお渡しすることができました。
 初日に整理した食器も、ほとんどなくなりました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、14年は39,724票(得票率18.8%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫2匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター