東京都知事選挙が終わりました

 18日間におよんだ都知事選挙が終わりました。

 葛飾では選挙中の4月5日に、小池あきら個人演説会を区内のテクノプラザかつしかで開催し、500名を超える参加がありました。


 選挙結果を受け、早速「革新都政をつくる葛飾の会」が声明をだしましたので紹介します。

「小池晃候補へのご支援に心から感謝し公約実現に全力を尽くします

 一、四月一〇日執行の東京都知事選挙で、革新都政をつくる葛飾の会は、革新・無所属の小池あきら候補の勝利をめざしましたが、及びませんでした。
 ご支持いただいた有権者のみなさんに心から感謝いたします。また、小池都政の実現のために奮闘していただいた「葛飾の会」に参加しているすべての構成員のみなさんに、心からの敬意を表します。

 一、今回の選挙選は、未曾有の被害をもたらした東日本大震災の救援活動の中で行われました。
 「国をあげた救援活動」のために選挙の延期が求められましたが強行され、その上現職知事らの出馬表明が告示の目前だったため、毎回の知事選挙で行われたテレビなどでの候補者討論は、今回はほとんど実施されませんでした。
 会を構成する各団体は、救援活動にとりくみながら選挙戦をたたかいました。各団体に寄せられた救援募金は、総額二百万円にのぼりました。

 一、こうした中で、石原都政の転換をかかげ「被災者救援の先頭にたつ都政を」「原発の根本的見直し」など「いのちを守る福祉・防災都市東京の実現」のよびかけと政策に、大きな期待が広がりました。
 選挙の結果は、小池都政の実現には至りませんでした。しかし今後、震災の救援・復興と原発の転換、福祉と防災など、掲げた政策がますます重要になることは明らかです。
 これからも、お寄せいただいた期待にこたえ、公約の実現に全力をつくします。
                   二〇一一年四月十一日
                   革新都政をつくる葛飾の会」

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、14年は39,724票(得票率18.8%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫2匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター