NPT・ニューヨーク行動の報告④・その他

 WTCの跡地は、巨大な工事現場となっていました。
 工事の過程でも遺体の一部などが発見される、あるいは地下道からは逃げ惑ったすえ力尽きたらしい遺体も見つかったそうです。


 世界を恐怖におとしいれた9・11同時多発テロ…。
 同時にあまりにも不可解な点が多いのも事実です。
 なぜ、ジャンボが突っ込んでも壊れないよう設計された第一・第二ビルがあれほどの速さ(自然落下の速度)で倒壊したのか。
 なぜ関係ない第七ビルまで何時間も後に倒壊したのか。
 なぜ、飛行機から携帯電話で会話できたのか。なぜ、ペンタゴンの倒壊現場は飛行機のサイズよりはるかに小さいのか…。
 さまざま疑問はおきざりにされたまま、世論は一路、報復戦争へとつきすすみ、やがてイラク侵略に。
 しかしその最大の口実とされた大量破壊兵器は、実際にはありませんでした。…一体なんだったのか。

 とりかえしのつかない事態の出発点となったこの事件の背後に、巨大な謀略はなかったのでしょうか。
 跡地についても「経済効率」の前に、遺族からのメモリアルパークを求める声はかき消されてしまったようです。


 セントラルパークを歩いてみました。

 たくさんの市民がさまざまなスタイルで憩う場所となっていました。
 こうしたバンドも数ヶ所で演奏していました。

 とにかく広大です。
 その面積は341ha。
 東京でいうと、代々木公園(54ha)と新宿御苑(58ha)、皇居周辺の公園など(115ha)と皇居そのもの(115ha)の合計に匹敵します。
 この湖も公園の中。池というよりは、やはり湖です。

 楽しみ方も馬車での周遊もあれば、ロードレーサーやインラインスケート、ジョギングなど様々。わたしのようにカメラをぶら下げている人も。

 宿泊したペンシルバニアホテルは、年代もの。

 でも、幸いにも私の部屋からはエンパイアステートビルがよく見えました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、14年は39,724票(得票率18.8%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫2匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター