NPT・ニューヨーク行動の報告③・署名の力

 これまで例のないことですが、私たちが参加した今回のNGOの取り組みの一つである、5月1日のリバーサイト教会での国際会議に、国連のバン・ギムン事務総長が参加し発言をしました。ご自身が朝鮮戦争の廃墟を経験した生い立ちも紹介しながら平和への決意、とりわけ核廃絶への決意をのべました。行動し声を上げつづけることを呼びかけるとともに、「世界はあなたたちに感謝するでしょう」と心のこもった励ましのお話をされました。
 また、2日は日曜日にもかかわらず、NPT再検討会議の議長を務めるカバクテュラン議長が、代表署名を受け取るだけでなく「690万の署名そのものを見てみたい」と段ボール箱で山とつまれた国連近くのハマショルド広場にきてくれました。そして開会総会の冒頭で署名を受けとったことを紹介し「市民社会の熱意にこたえなければならない」と発言しました。
 私たちの署名が文字どおり国際政治を動かしていること実感しました。

 マジソンスクウェアガーデン前での署名行動です。 

 こちらは、セントラルパークの南側・59th通りです。

 5月2日のパレードには、志位委員長をはじめ日本共産党代表団の姿が。

 リバーサイド教会でのシンポジウムのなかで、あいさつもされました。

パン・ギムン国連事務総長が5月1日、リバーサイドチャーチで行われた国際平和会議閉会総会で発言した内容は次の通りです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、17年は43,138票(得票率19.59%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫1匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター