NPT・ニューヨーク行動の報告①

 行ってきました、NPT核拡散条約再検討会議のニューヨーク行動。
 5月2日、タイムズスクエアの7番街の通りで集会(炎天下2時間、立ちっぱなし!)。
 そして国連にむけ一万人を超えるパレードです。
 紫の羽織はニューヨークカラーの東京代表団です。

 国連前のハマショルド広場には、船便で送られた段ボールで山のような日本からの690万筆の署名。
 そこに私たちが持ってきたりニューヨークで集めた署名も積み上げました。

 リバーサイド教会。
 かって「I have a dream」と演説したあのキング牧師が、ベトナム反戦を述べた、その場所です。
 そこで3日、政府代表と平和運動の対話・「核兵器禁止・廃絶のプロセスにいかに踏み出すべきか」をテーマに日本原水協主催の公開シンポジウムが開かれました。

 まだ開会の時間前です。


 NY滞在中、毎日1500人の日本代表団がそれぞれ10人前後の班をつくって、市内でいっせいに署名行動を行いました。
 私たちはセントラルパークやタイムズスクェア、マジソンスクェアガーデンなどの近くで宣伝。私も一時間で19筆も!
 市内在住の人はもちろん、ワイオミングやオハイオなどからの観光の人、アルジェリアの人からは「日本に帰ってみんなで見てほしい」とフランスの核実験についてのDVDをもらうなど、様々な人たちと対話(?)しました。

 核保有国が核をなくすというのは、そもそもNPTの条約上の約束です。それを推進するためには、国連に参加している世界各国の政府が、より強力に主張すること。それを促進するのは、それぞれの国の草の根の世論と行動、国民の力です。
 そうしたたたかいを進めるための世界の人たちとの交流の大きな1ページとなった、そう確信することのできたニューヨークでの一週間でした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、14年は39,724票(得票率18.8%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫2匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター