最高裁判所は、最低裁判所?!

 今でも、オートロックのないマンションのドアには、毎日のように様々なチラシが入る。
 ですから、荒川さんが配っていたのが、共産党区議団のニュースなどでなく、ピザのチラシならば当然、通報、逮捕・拘留などということにはならなかったでしょう。
 であるなら、政治的な反論を封ずる弾圧…こんなことを許したら、今日の世界の常識からたいへん恥ずかしいことになる。

 判決の「言い渡し」の前に、松井弁護団長が法廷で語ったことは、言葉は違いますが、私がこのように考えていたことと符合していたように思いました。

 不当判決。
 それ自体は、弁論が開かれないことから想定されてはいました。しかし…。

 5分にも満たないような判決。
 誰もが感じている疑問に、少しも応えずに「それではこれで閉廷します」。
 小池あきら参院議員も参加した報告集会で、党都議団を代表してあいさつした大島よしえさん(足立区選出)が「これでは最低裁判所」と言ってましたが、そのとおりだと思います。

 政治意見の表明を妨害するために、こんな中身をない判決をだしても、暗黒時代への逆戻りを許すほど、私たちも、そして日本国民もおろかではありません。
 荒川庸生さんは「わたしはひきつづきビラをまきつづけます」と力強く述べました。
 12月4日の集会も歴史的な意味をもつものになるでしょう。
 葛飾区内からは6台の観光バスが用意されていますので、ご利用ください。
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、14年は39,724票(得票率18.8%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫2匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター