公約実現に力をつくします

 葛飾区長・区議会議員選挙が終わりました。
 写真は、三上満さんの応援を受け、JR亀有駅南口でお話をしているところです。

 選挙の結果、私は18,976票で得票率は12.0%でした。二ヶ月前の総選挙の時に比べ、私の名前を書いていただいた方が千人以上、得票率では1.5倍増えました。 当選は元助役の青木氏。
 区議選は、共産党は現有5議席を維持。自民は3議席減、公明は維持、民主は2増。

 私は「みんなの会」の選挙ですので、全都から多彩な弁士に応援に来ていただきました。
 三上さんは30年前くらいに、10年ほど、区内の大道中学校で社会科の教諭をされたそうです。当時は、学校が「荒れた」時期で、生活指導の教諭として、また、労働組合では役員として、真っ向から生徒とも父母とも、向き合ってきたのだと思います。「三年B組金八先生」のモデルの一人でもあります。
 で、今でもその学区域を「三上満さんが応援に来ています」とハンドマイクで言いながら歩くと、家々から出てくるのです、おばさんたちが。
 「先生、久しぶり」「お元気ですか」…。
貅?縺輔s遶狗浹縺ァ_convert_20091111122527
 すごいなぁとつくづく思います。
 30年前後の時が過ぎても、思わず玄関に出てきて話しかけたくなるほどの、父母との信頼関係とは、当時、どれほど豊かな交流があったのでしょうか。先生の本当に穏やかな語り口の一言ひと言からも、それを感じます。

 そんな多彩な応援を、日々受けながら、私達の訴えた政策も、多くの方に共感をいただけたと思います。
 とにかく、今回は辻々でお話した後、走ることが多かった!
 駅頭で足を止めてくれた人。公園で聴いてくれている人。遠くの家の玄関から出てきた男性。自転車で通りかかったおばさん。店先で聴いてくれた店主さんとお客さん…。ダッシュで走り握手をする。
 アナウンサ-さんと、ダッシュの競争になったりしました。
25780003縺ョ繧ウ繝斐・_convert_20091111101300
 宣伝カーにも、20代初めの頃の民青同盟の友人が北陸から来てくれたり、秩父から姉兄が来たり、私の娘たちやその夫も乗ったりで、大変にぎやかで楽しい選挙活動ができました。
 応援に来たある方には、夕方車を降りる予定だったのですが、「最後まで乗りましょうか」と言っていただいたそうです。「そんなこと言ってもらったの初めてです」とベテランのアナウンサーが話していました。
 それほど、楽しい「遊説の旅」でした。

 他の区から来られた弁士の方の葛飾の印象で、「へぇー、」と思ったのは、
   「公園に子どもたちが、たくさん遊んでいる」
   「子どもたちが、人懐こい」
   「葛飾には、いい商店街がある」
 
 葛飾に住んでいると当たり前の光景でも、それが失われてしまった街もあるです。
 選挙で訴えた、「コンクリートよりくらし」を大切にする政治へ、一歩でも前進するよう、公約実現に力を尽くします。
譛?蠕後・險エ縺・1_convert_20091111122631
  

コメント

お疲れ様でした。

大変お疲れ様でした。
記事にある「子どもたちが人懐こい」は、
確かにそうでしたね。
記事に感動しました。
今後も一歩でも前進するようともにがんばりましょう。
選挙中の様子なども更新して頂きたいです。
毎日更新されるとファンも増えると思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、14年は39,724票(得票率18.8%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫2匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター