鳩山内閣が発足。その日…。

 畑いっぱいの百日草です。


 「自民党政治の崩壊過程の始まり」。

 志位和夫委員長が先日の党創立87周年記念講演会で、今回の選挙結果の意義をそう述べました。
 新内閣の発足後の状況は、そのとおりの様相です。

 「温暖化ガスの中期削減目標25%設定」
 「核密約の解明と廃棄」
 「八ツ場ダムの建設中止」etc.
 …自民党政治の悪政の言わば象徴的な問題の見直しの言明がつづきます。

 私たちの役割は、これら国民の利益にかなっているものには、なんとしても実現させる。
 そのために、日本共産党らしく、理論的・政策的にも、また、国民運動と共同した世論づくりという点でも、本気の力を尽くすこと。
 その点では、私たちにもいわば新しい探求と挑戦が迫られています。
 その自覚をもってがんばりたい。

 こうしたなかで、葛飾では一ヶ月余後にせまった区長・区議選勝利に向け、党と後援会の決起集会が開かれました。
 区議予定候補の六人が決意を表明。あらためて、一人ひとりの発言に胸を打たれ、手前みそながら「さすが日本共産党の区議候補!」との思いを強くしました。
 
 10月6日(水)には、この選挙にむけて、日本共産党演説会を亀有のリリオホールで開催します。
 笠井亮衆院議員もお話します。
 ぜひ、ご予定に入れておいてください。

 

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、14年は39,724票(得票率18.8%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫2匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター