小選挙区候補者発表の記者会見

 安倍政権による夏の参院選と合わせたダブル選挙が現実味を増しています。
 そうなれば、国民と野党連合による政権をはじめて誕生させる、絶好のチャンスが到来します。

 というわけで、昨日、日本共産党東京都委員会は、来るべき総選挙にむけての東京の小選挙区候補者を第一次分として12名発表しました。私も17区で四度目の挑戦となります。
 国民・市民のみなさんとの共同を力にして、今度こそなんとしても勝ち抜く決意です。

 会見は、都庁記者クラブの記者会見場(?)で行われました。
 その後、マスコミ各社による候補者一人ひとりの写真撮影。
 左側の壁を背に座り右側から記者のみなさんが入れ替わりでシャッターを切ります。  
 反対側の壁でも同じことが行われています。
記者会見風景ッ_convert_20160331164627
 記者会見に同席にした山添拓参院東京選挙区候補も。
山添カメラ_convert_20160331164710
 終わって帰るころには、すっかり夕闇に。

 帰り道、
 田安門から見た千鳥ヶ淵の桜がすでに満開を迎え、見事でした。
田安門_convert_20160331164221

日本共産党演説会

 来る4月9日(土)午後1時開会で、テクノプラザかつしか・大ホールをお借りして、日本共産党演説会を開催します。

 「保育園ふやせ」の声が、たった一人のネット上の投稿から一気に日本中にひろがりました。
 また、大津地裁は、初めて稼働中の原発を停止させる画期的な判決を下しました。
 そして連日のように、される参議院一人区の野党統一候補が、国民の声におされて続々と発表されています。

 暴走するアベ政治を包囲する国民の世論と行動が、日に日に力を増しています。

 日本共産党はどんな問題でも対案を示して論戦するとともに、野党との共同と連携に力を惜しまず努めてきました。

 ぜひ、日本共産党のお話を聞きに、足を運んで下さい。 
4・9テクノカラー・convert_20160331164804
プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、14年は39,724票(得票率18.8%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫2匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター