バス11台で、新春のつどい

 葛飾区日本共産党後援会主催の恒例の日帰り旅行「2010年新春のつどい」に、今年は過去最高のバス11台450人を超えるみなさんが参加されました。
 今年は、千葉県の佐原と茨城県の潮来を訪ねる旅。
 米どころ佐原は、伊能忠敬のくらした街でもあります。写真左が旧宅。
 小江戸と呼ばれた町並みが残されています。

 40代のオリンピック選手などの第一線で頑張りつづけるスポーツ選手を、「熟年の星」などと言いますが(ほんとうにたいしたもんだと思います)、伊能忠敬さんはそのお手本のような人。
 もちろんスポーツ選手ではありません。しかし、気力も体力も驚異的です。
 なにせ、50歳で隠居してから勉強しなおして、そうして56歳から74歳で亡くなるまでの間に、あれだけの地図を自分の足で歩いて作ったわけですからね。
 集いに参加した熟年のみなさんも「見習って、参院選勝利へますますパワーを発揮しよう」と意気軒昂です。

 米どころと言えば、造り酒屋…。
 鏡割などもさせてもらいました。

 ホテルの大広間でのごあいさつの後は、映画上映会あり、百人一首あり、うたごえや囲碁・将棋大会あり。参加したみなさんが思い思いの企画を楽しみました。
 わたしは、「散策」に参加。ホテルの近くの長勝寺という頼朝ゆかりのお寺に初詣しました。

今年もよろしくお願いします

 あけましておめでとうございます。

 新しい年がスタートしました。
 今年が、平和とくらし・民主主義についての国民の願いが、一歩でも前進する年になるように頑張りたいと思います。

 年初め、秩父多摩国立公園の雲取山に、30年ぶりに行ってきました。
 年末年始は、天気が荒れる場合がおおいようですが、秩父の山あたりは冬型の気圧配置の時の方がむしろ好天です。
 雪の多いのも春先で、1月くらいですとご覧のとおり。それでも、北斜面ですと膝までもぐることもあります。
 今回の山旅は、海外に住む娘が一緒に行くというので、めずらしく小屋泊まりです。

 奥多摩の尾根を覆うる白雪に歩をすすめつつ父の背を追う (明)

 アイゼンで劣化破壊し靴くくるわが娘とめざす雲取の小屋 (杉)

 雲取山荘は通年営業。遠く関東平野の街の灯が揺らめいていました。

 下山途中、ヘリの爆音が近くに聞こえ、「すわ、遭難の捜索か!?」。
 なかから出てきたのは、猟犬が入っているらしき箱と、鉄砲らしき物を担いだ人達。
 一気に稜線まで上ってきたのでした。
 たしかに、雪面には、特徴のあるニホンジカやウサギの足跡があちこちにありました。

 奥多摩町の登山口から入ったのですが、林道がコチコチに凍っていて、スタッドレスをはいているとはいえ急坂です。滑り始めて加速しはじめたら…。
 山の中を歩くよりもずーっとドキドキ。緊張しました。
プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、17年は43,138票(得票率19.59%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫1匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター