200人を超える参加で河野ゆりえ都議が事務所びらき

 河野ゆりえ都議会議員(江戸川区選出)が、いよいよ選挙態勢に突入です。
 事務所の向かいの更地をお借りし、幔幕を張り巡らした会場です。

 足もとの悪いなか、たくさんのかたにおいでいただき、ありがとうございました。

 河野ゆりえ事務所長を務める瀬端勇区議団長が決意を表明。



 そして、2期8年、都民の願い実現のために議会の内外で奮闘してきた河野さんが、なんとしても勝ち抜く決意を述べました。



  胸のバッチは、女性後援会が作ったユリの花のデザインのゆりえバッチです。得票目標の38000個普及をめざしているそうです。

 200人を超える参加者が、須田区議の音頭で必勝を期して、お茶で乾杯です。



 6日には、グリーンパレスで女性のつどい。
 14日は、西葛西駅で志位和夫委員長を迎えて街頭演説。
 そして、22日には、アーバンプラザ小岩で、笠井亮衆院議員もお話する演説会が開催されます。
 私も参加します。ぜひ、お出かけ下さい。

田村さんが都議予定候補として初の街頭演説

 27日、日本共産党国会対策委員長の穀田恵二衆院議員の支援を受けて、田村さんの都議候補としてのデビュー演説です。



 事実上、一日しかお知らせの期間がなかったのですが、たくさんの方に集まっていただきました。

田村智子さんを励ます、文化・スポーツのつどい

 葛飾区文化・スポーツ日本共産党後援会準備会が、つどいを開催しました。



 田村智子都議予定候補が、決意表明。
 田村さんのお子さんの入っている地域の剣道クラブでも、練習場所の確保に苦労していること。ところが石原知事は五輪招致には湯水のように税金をつぎ込む一方で、スポーツ予算はどんどん削っている。この東京の政治を変えると発言しました。

 日本共産党スポーツ委員会の鳥居さん(写真の左側の男性)が、石原都政の招致とスポーツ施策の貧しさについて報告したました。
 そして、約20分、ストレッチや、バランスを維持するための簡単なトレーニングを実演。
 生活のなかにほんの5分か10分づつでも、取り入れてそれを継続することが大切だそうです。
 今日から早速、寝る前と、起きたときだけでも、しっかりノビをしようと思います。

 参加者一人ひとりが、ご自分の文化・スポーツにふれながら自己紹介。
 知っている人の、思わぬ一面を知ることもでき、楽しい集会でした。
 私も、あいさつをさせていただき、花束までいただきました。

和泉さんから田村さんに、タスキがひきつがれました

 党と後援会の決起集会が開かれました。
 葛飾で、都議会の日本共産党の議席をとりもどすため、一年半、和泉さんが走り続けたタスキが、田村さんにひきわたされました。
 手渡す側と受け取る側の、熱くて固い決意が語られました。



 つい10日前まで、参議院東京地方区の予定候補だった田村さんは、「国政の道を断って都議会をめざす」思いを語りました。
 そして、和泉さんは「数日前まで、ここに立てると思えなかった。でも多くの方のはげましで、みんなとがんばろうと思えるまで、心が復活しました」「わたしはアナウンサーをやります」と述べました。
 参加したみんな、涙をうかべて二人に大きな拍手を送りました。

 私も、地区副委員長としてのお詫びと、一緒に候補者活動をしてきた仲間として、痛恨の極みであること。
 そして、この間の全都の会議に参加して、田村さんに文字通り全都からどれだけの思い寄せられているかなどを紹介し、都議選勝利に全力を尽くす決意を表明しました。

演説会を力にがんばります

 有明コロシアムでの演説会の舞台裏です。



 開会まえの津軽三味線のパワフルな演奏に続いて、都議選と総選挙の候補者が紹介されました。
 田村智子さんが、葛飾の都議候補として紹介された時には、より大きな拍手をいただきました。
 なんとしても、当選をかちとらなければなりません。

 「日本の青空」などを製作した大澤監督が、応援演説。
 志位委員長が、国政と都政の政党の対決軸からお話しを始め、雇用・社会保障・税金のどの題でも、財界と政治との関係がおおもとにあることや、オバマ大統領との核兵器の廃絶をめぐる書簡のやりとりも紹介し、世界の大きな変化の中で、日本共産党の躍進で政治の変化をつくろうとお話しました。

 それにしても、開会前の舞台裏では、他の候補の方からも、今日の日刊「しんぶん赤旗」で紹介された、今回の葛飾の都議候補の交代について、心配の声をかけていただきました。
 葛飾の集いに来てお話してくれた曽根都議(北区選出)にも、私たち党機関のケアレスミスが、こんな事態を招いたことを述べて、お詫びしました。
 「がんばってください」と激励されました。

 近隣の区の候補者のみなさんからも
 「和泉さんは大変なショックでしょうね。」
 「勝利めざしてがんばってきた人たちの思いは、複雑ですよね。」
 「大変でしょうが、みんなで力をあわせられるよう、努力して下さい」など、たくさんの励ましをいただきました。

  

和泉なおみ都議予定候補に代わって、田村智子党都・副委員長が出馬

今日、夕方、記者会見を行いました。



 残念なことに、和泉なおみ都政対策委員長は選挙法上、立候補に必要な住所の要件を満たしてないことが判明したため、都議選に出馬できなくなってしまいました。
 この責任は住所要件の認識が不十分であった私たち選対にあります。予定候補者である和泉さんにはなにもありません。
 支持者のみなさん、和泉さんに期待を寄せていただいた区内外のみなさんに、深くお詫び申し上げます。

 私たちは、法的な手続きだけでなく居住の実態が必要との立場から、和泉さんには昨年末には区内に家を借りてもらい、埼玉県三郷市から住民票も移動してもらいました。都議選の告示は7月3日ですから、4月3日の期限から見れば、だいぶ余裕をもって居住の実態をつくる努力を行いました。1月初めには布団や家具をふくめ生活道具を用意し、ご近所にもあいさつをし、生活するようになりました。
 ただし、ご家族の事情もあり、転居を急がず当面の間は単身赴任とすることにし、週末などは家族のもとに帰っていました。

 ところが、最高裁の判例では公選法上の「住所」とは生活の本拠であり、それには、寝食、起居、家族の同居などをもっとも重要な判断材料としています。単身赴任の場合に、生活の本拠と認定する基準は、私たちの認識以上にきびしいものでした。

 いうまでもなく和泉さん本人からは、立候補に関わる重要な問題として、最初から相談されていました。
 それにもかかわらず、この判例に言う「生活の本拠」の認識をしめすことはできなかったのは、すべて私たちの責任です。

 この問題に、選対の議論の過程で気がついていったのが、つい先日です。
 今回の都議選に出馬することは不可能であると判断せざるを得なくなりました。

 和泉さんに期待をお寄せいただいたみなさんに、重ねて心からお詫び申し上げます。

 和泉さんの立候補は不可能となってしまいましたが、葛飾で、共産党の都議の議席を回復することはどうしても必要です。

 そのため、急遽、参議院東京選挙区予定候補の田村智子党都委員会副委員長(偶然ですが、葛飾在住です)が出馬をすることになりました。

 ご理解とご協力を、申し上げる次第です。

有明コロシアムで演説会

 来る5月20日、水曜日、江東区の有明コロシアムで、日本共産党演説会を開きます。
 志位和夫委員長がお話し、衆議院と都議会議員候補全員が紹介されます。
 区内から、臨時のバスも運行します。
 ぜひ、お誘いあわせてお出かけください。

浅間隠山

 この時期の若葉の、日をおうごとに萌え上がるの様子は、なんと生命力に満ち溢れているのでしょう!
 美しさと力強さに圧倒されます。
 とりわけ、毎日眺めることができる方は、日々の変化を感じられるのではないでしょうか。
 私も、高校を卒業するまで、毎年みていたはずなのに、当時は何も感慨をおぼえませんでした。

 美しくて豊かなこの自然を、どう後世に残すのか。日本の気候が亜熱帯化しているとも言われているだけに、心配です。



 浅間隠山から眺める浅間山。
 頂上から噴煙がたなびいていました。


小沢民主党代表が辞任を表明

 宣伝カーで演説をしてると突然、情報が飛び込んできました。
 すぐに聴衆のみなさんや、通行中のかたにお知らせをしました。

 それにしても、代表を辞任すればいいという問題ではありません。

 小沢さん本人も、すすんで真相を明らかにするのが、政治家としての責任です。
 民主党そのものも、幕引きをはかるようなら、ますます信頼をうしなうことは明らかです。

 「選挙への影響」などという次元の話しではなく、考えてもらいたいと思います。

 もちろん問われているのは、民主党だけでなく、現職閣僚をはじめ幹部が関わっていた自民党。
 与党の立場の公明党が、疑惑に口をつぐむ自民党にどういう態度をとるのか、これもきびしく問われるのではないでしょうか。

女性のつどい

 5月9日(土)テクノプラザかつしかで、和泉なおみ都議予定候補をはげます女性のつどいが開かれました。
 250人が参加。ありがとうございました。
 国政・都政の問題と、和泉なおみさんの魅力について、私が一緒に活動しているなかで感じた範囲ですが、お話させてもらいました。



 区内のさまざまな分野で活動されている方や、党後援会のみなさんが、政治への要求と和泉さんに託す願いを語りました。
 新婦人内後援会のみなさんは、替え歌で思いを表していました。



 みなさんの願いに応え、奮闘する決意を述べる和泉なおみ候補です。



 私もちゃっかり、お花をいただき、二人でお礼のごあいさつ。
 「いい集いでした」の感想をたくさんいただきました。



 集いを力に、選挙戦勝利めざしペースアップです。

メーデー参加、お疲れ様でした!

 からりとした五月晴れの代々木公園。
 「なくせ失業と貧困」。第80回中央メーデーは三万六千人の参加でした。
 私は今回、デモ行進には参加せず、和泉なおみ予定候補や河野百合恵都議、他の選挙区の候補者のみなさんと一緒にデモの解散点近い明治通りの渋谷橋交差点で、「お疲れさまー!」と声をかけました。
 他の区の隊列のなかにも、なつかしい顔をみつけて握手をしました。

 それにしても、政府の経済対策は、自動車や家電関連ばかり。

 高速道路の値下げで、今日は朝早くから激しい渋滞です。
 私も時々、岩手の妻の実家まで車を運転するので、渋滞時の疲労はよくわかります。
 今回のやりかたは、長い距離を走るほど「お得」なわけですけど…。

 どうか、くれぐれも安全運転を。
第80回中央メーデー志位委員長の連帯あいさつ(動画)
プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、14年は39,724票(得票率18.8%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫2匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター