3日に1件の交通事故。小菅ジャンクションは首都高速の「難所」

 笠井亮衆議院議員とともに、首都高速道路株式会社の保全・交通部や計画・環境部の方と、主に小菅ジャンクション付近の改善について話し合いました。

 ここは、分岐・合流・分岐(外回りは合流)・分岐・合流と2㌔くらいの間に集中する首都高の「難所」です。5月22日には、内回りの合流地点でトレーラーの死亡事故がありました。最後の合流地点でした。難所を過ぎてホッとしたのでしょうか。ご冥福をお祈りします。
 環状線の完成など全体のネットワークができるとさらに混雑の緩和が予想されることや、沿線の騒音対策などもふくめ、いろいろお話を伺いました。

 私がもっとも気になったのは事故対策です。内回りについては、最後の合流車線を車線を一車線にし、手前に合流のイメージ図を掲示するとのことです。
 話し合いの最後に、もう一度事故対策に話題を戻しました。

私    「ところで、小菅ジャンクションの事故の統計はありますか」
首都高 「年間33件です」
私    「(あれ?以外に少ない?)…それは全体ですか」
首都高 「いえ、内回りです」
私    「すると、外回りの事故は何件ですか」
首都高 「80件(!)です」
       (合計113件、3日に一度位の事故。参加者がいっせいに
       驚きのため息。地元の野島区議「毎日のように救急車の
       サイレンが聞こえます」)
私    「私は川口線方面から小菅JCを通って四っ木で降りることが
     多いのですが、三郷線との合流地点は、注意していても怖い
     ところです。初めて利用する人は本当に恐怖を感じると思いま
     す。
     外回りにも合流のイメージ図を掲示するなど、注意の喚起が
     必要だと思います」
首都高 「今のご意見は参考にさせていただき、検討したいと思いま
     す。」

 事故対策について、いっそうの改善が必要です。
 緊急に必要な対策をとりつつも、騒音や排気ガスの問題、さらに公共交通網のあり方や車社会と二酸化炭素排出など、大きな視野からもいっそうの努力が必要なことは、間違いありません。
 和泉なおみ都議予定候補と、区議団から中村しんごさんと野島英夫さんがご一緒しました。

釣りバカ日誌

 夜の予定が空いたので、妻と二人で見ました。
 派遣社員の待遇や契約期限の問題、自営業者と大手建設会社との格差など、視点は鋭い!

 今週は、東立石の演説会がありました。
 何人かの弁士がいる場合、やはり、頭の中に演説原稿の引き出しがいくつかないと大変です。(?)

小学生から拍手

 亀有のマンション街で演説をしていたら、目の前に小学生の女の子二人が、座り込んで話しを聞き始めた。

 話しの内容は「汚染米」。
 世界の食糧事情や、日本が外国産のお米を輸入するようになった歴史。
 日本人の食糧は、日本の大地で。
 そのため、政治の中身をかえることが必要だ。
ということを話した。
 うなずいたり、ひそひそ話したりしながら、聞いている。

 終わったら拍手をしてくれた。
 聞いてくれた人には握手するのが予定候補の活動デス。
 「お話、わかった?」
 「わかったョ」

 小学二年生だそうだ。
 一昨日は水元で、小学四年生の女の子三人に、サインを頼まれた。

 先月水元清掃工場を見学した際、工場長さんが見学する小学生について「四年生はわりと理解してくれるが、三年生にわかってもらうのはなかなか大変」と話をされていた。実は私は、一年前に予定候補になって以来ひそかに、小学三年生にわかってもらえる演説を目標にしている。
  (なんだかその方が、頭の中が整理されるのも、メリットなんです。)

 「子どもの権利条約」を引くまでもなく、子どもたちも主権者であり、社会や政治のことを十分考えているから、ゆめゆめ、小学生をあなどってはならないのです。

麻生総理の「景気実態の把握」

 今日(10月20日)の毎日新聞の二面に、麻生首相がタクシーの窓から顔を覗かせ、運転手さんと話している写真がのっている。景気の実態を把握するために、スーパーを回ったり、運転手さんから一日の売上げなどをきいたのだそうだ。
 総理が客待ちのタクシー運転手に次々と対話する。「どうも、麻生です。どうですか、売上げ?」なんてフランクに話しかけている(んだろうなぁ)。
 政策はともかくその姿勢は「偉いなぁ」と思った。

 一区予定候補の富田なおきさんのブログを見た。
 たまたまその現場で演説をしようとして鉢合わせになったそうだ。
 その顛末が紹介されている。

 ものものしい警察車両のなかに、タクシーが一台.

 …素直に感心した自分を、反省しました。

東京1区富田なおき予定候補のホームページ

演説会にご参加、ありがとうございました

 18日夜、江戸川地区委員会の主催で開催された演説会に、約800人もご参加いただきました。ありがとうございました。
 当日は、江戸川区の元助役で92歳の藤田昇さんと、中野守中央大教授もお話して下さいました。藤田さんは30人学級の実現をもとめ、中野さんは小岩地域のスーパー堤防に反対しています。

 中野さんが区議会の各党派を請願でまわった時、民主党の控え室の中で議員が碁を打っているのが垣間見えたのだそうです。
 葛飾でも乳幼児医療の無料化をもとめて各会派をまわった人が、公明党の控え室でテレビで野球観戦をしながら靴を磨いていて、ガッカリ。と言った人がいました。

 切実な要求をもって議会をまわった人達の話しは、ほんとにリアルです。

 市田書記局長と16区の河合予定候補、そして私はスーパー堤防の問題に絞ってお話しました。

演説会のお知らせ

 明後日18日(土)午後7時から、江戸川区の船堀タワーホールで、演説会を開催します。
 市田忠義党書記局長・参議院議員と東京16区予定候補の河合恭一さん、そして、私もお話します。

 ぜひ、おこし下さい。 

10月12日(日)晴

 9月に続いて、笠井亮衆議院議員と一緒に、JR新小岩駅と亀有駅で街頭演説。
 それぞれ、100人から300人くらいの方にお話しました。。
 お集まりいただいたみなさん、ありがとうございました。

 国会では、自公と民主が、新テロ特別措置法の期限延長の改定案を、20日の特別委員会で採決する日程を合意してしまいました。
 本会議の質疑を省略し、委員会審議の前に採決日程を提案するとは!あきれるばかりです。

 一方、アメリカを震源にした金融危機。
 庶民には超低金利でなけなしの利子を奪って「貯金より投資」を煽り、郵政民営化までやって国民をまきこみ、金融ビッグバンだなどとアメリカに追従しておいて、このありさま。
 庶民には「自己責任」の痛みを押し付けておいて、自分たちは「公的資金投入」。

 とんでもない、この日本の政治。
 おおもとからの転換が不可欠です。

志位質問に、朝の駅頭宣伝でも大きな反響

 志位和夫共産党委員長は7日、衆院予算委員会で2月に続いて質問時間すべてを雇用問題にあて、政府をただしました。
 「やむにやまれぬ思いで違法労働を告発した派遣労働者が、雇い止めで職を失っている。理不尽だと思わないか?」
 キャノンや日亜化学での違法のするどい追求。
「事実であれば、不当」
総理も答えました。

 さらに、トヨタ車体が最長3年の期間制限をこえて派遣労働をつづける、工場ぐるみの違法行為を図をしめして追及。
 違法行為を続けた場合、受け入れ先の責任で正社員でするよう主張しました。

 今朝の駅頭宣伝で、この質問の様子や10・5集会の様子(青年が4600人集まり、人間らしい働くルールを求め連帯して立ち上がっている)などをお話すると、たくさんの通勤者が注目し、ビラを受け取って行きました。

 質問の様子や、10・5集会の様子を、ぜひご覧下さい。
10月7日、衆院予算委 志位委員長の質問
10・5青年大集会 志位委員長があいさつ

獅子の時代

 今日は、朝の駅頭宣伝の後は、オフ♪

 葛飾図書館で、「世界」10月号のなだいなださんと雨宮処凛さんの対談などを読んだ後、「獅子の時代」第5巻を借りてきて読みました。
P2008_1007_202424_convert_20081007203412.jpg

 1980年のNHK大河ドラマの脚本です。山田太一さん作。私はその頃、ひとり暮らしでテレビは持っていなかったので、リアルタイムでは見ていません。
 一気に読んでしまいました。

 自由民権百年を目前に、明治初期の動乱の時代を描いたドラマです。第5巻は、第42話から最終回・51話まで。

 主人公の元会津藩士・平沼銑次(菅原文太)の、北海道の樺戸集治監での獄中闘争と脱走へ。そして妹・千代(大竹しのぶ)の夫・薩摩藩の苅谷嘉顕(加藤剛)との和解。
 最後は秩父事件に参加し「自由自治元年」の幟旗を掲げたたかいます。


 秩父事件は、その先進的な性格ゆえに弾圧は激しく、地域の人々にとって、とりわけ戦前は「恥ずべき先祖の行い」「消し去るべき歴史」であり、顕彰運動自身、このドラマが放映された当時であっても、困難をともなうものでした(私の父親が地元・吉田町の共産党町議として、直接、関わって来ました)。

 このドラマの影響は、決して小さくなかったと思います。

 それから4年後、秩父事件100周年には、蜂起の舞台となった椋神社で、吉田町と顕彰協議会による記念碑と青年の像の除幕式が行われました。
 私も参加しました。

 さらに120周年には事件そのものを描いた、神山征二郎監督の映画「草の乱」に、街の人々も競ってエキストラに応募するほどになったのです。
 (兄と甥っこは出ました。わたしも出たかった!)

 それにしても、この「獅子の時代」のキャスト、すごいです。
 巻末に約100名の方が書かれてますが…ため息がでてしまいます。
 いつかDVDをさがして、鑑賞したいものです。

秩父事件研究顕彰協議会のホームページ

危機突破緊急集会

 業者のみなさん達が、区内の諸団体によびかけてつくられた実行委員会の主催で、「原材料高騰反対・ガソリンをさげろ」の緊急集会が開かれました。
 私も共産党を代表して連帯のあいさつをしました。

 自民党の平沢衆院議員、民主党の早川予定候補と私の17区の三人と、公明党からは野上都議が参加しました。
 会場から9人の方が仕事の状況を切々と語り、政治にたいする要望を訴えていました。この声にどう向き合うのか、どう応えるのか。

 平沢さんはあいさつだけですぐに退席しましたが、早川さんと野上さんは最後まで参加し、特別決議にも拍手で賛意を示し、「団結ガンバロー」もしていました(かな?)。
 東京都も葛飾区も、直接補てんなど緊急対策で、やれることがたくさんあります。一つでも多く実現したいと思います。

 和泉なおみ都議予定候補と、渡辺好枝・中村しんご・野島英夫区議が一緒に参加しました。

驚きました

その1
 米下院で金融安定化法案が否決された。民主・共和両党指導部が可決で合意したにもかかわず、大統領選と同時の総選挙を目前にして、巨額の税金投入に対する有権者の批判があり、多くの議員が反対したそうな。ウ~ム。賛成した指導部同士の党と、反対した議員たちの党に、ならないんだろうか。じつは昨日「共産党の政策は共感するけど、一枚岩の体質がなじめない」という声をきいたばかり。お国は違いますが、「政党」って…何?。

その2
 麻生総理が集団的自衛権の行使は可能とする憲法解釈の変更へ、議論を指示したそうな。かつて麻生氏は日米同盟について「強いものについていくのはあたりまえ」と述べた。日本よりはるかに小さいエクアドルでも米軍基地の撤去を国民投票で可決したというのに。ああ!情けない。

その3
 海上自衛隊幹部が、インド洋の海域に日本列島がすっぽり入った地図を示して広大さを指摘し、そこで一隻の補給艦で約十五隻の外国艦船に給油していることを紹介した後、「(テロ抑制の)ザルにもならないぐらいだ」と述べたそうな。そんなことに1800億円もの血税が浪費されている(怒!)。

 P・S 今日は、朝は立石駅で中村しんご区議と宣伝。午前は堀切で訪問。午後は三小田准一区議と地元高砂で宣伝。たくさんの方から声援を受け、握手をしました。

国民投票で圧倒的承認 外国軍基地を禁止
海自幹部「テロ抑制のザルにもならない」
プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、14年は39,724票(得票率18.8%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫2匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター