日本共産党5議席確保、改選議席1増。木原敬一区長候補は大健闘!

葛飾区長・区議会議員選挙の結果について
2017年11月13日 日本共産党葛飾地区委員会

 12日投票で行われた葛飾区長選挙で、日本共産党も支持してたたかった「葛飾区庁舎建替えに反対する区民の会」の木原敬一候補は、50,126票(得票率31.74%)を獲得し、当選はできませんでしたが、大善戦・大健闘しました。
 同時に行われた区議会議員選挙で、日本共産党は6人を擁立し議席増に挑みました。新人の樋口候補がわずか10票差でおよびませんでしたが、19,051票(得票率12.62%)を獲得し、5名当選で前回当選数を確保し、改選議席から1増となりました。
 木原区長候補と日本共産党区議候補にご支持・ご支援いただいた支持者・後援会会員・党員のみなさんに心から感謝申し上げます。

 今回の選挙は、直前に行われた総選挙での市民と野党の共闘が葛飾区政をめぐってもひろがり、区役所建替え計画に反対する市民運動から共同の候補として木原敬一氏が出馬を決意。日本共産党は木原氏を支持し、区役所建替えよりもくらし優先の区政の実現をめざし、保育園の待機児解消や、国保料の一万円値下げなどくらしを守る公約を掲げてたたかいました。
 現職区長候補は区役所建替えについて選挙中に一言も語らず、自・公・民などの区政与党らも触れませんでした。日本共産党は数百億円もの税金をつぎ込む施策について、選挙で区民にはからない姿勢そのものを批判しました。

 選挙の結果、自・公・民与党勢力の合計は前回比で3議席減となり、都民ファーストは5人立候補しましたが1名当選にとどまりました。
 葛飾地区委員会は、ひきつづき際限ない税金のつぎ込む現在の区役所建替え計画の中止をかかげ、お寄せいただいた期待にこたえ公約の実現に全力を尽くします。

以上

2017年総選挙の結果について

総選挙の結果について
2017年10月23日
東京17区選挙闘争本部

 10月22日投・開票で行われた総選挙の結果、日本共産党は沖縄一区で、オール沖縄の赤嶺候補が議席を守り、比例代表は11議席の獲得にとどまりました。
 東京では、比例代表で2議席を獲得しましたが、池内さおりさんの議席を失う残念な結果となりました。東京17区では新井杉生候補が、江戸川区内の区割りの変更の中で前回比で3千票余の得票増で、得票率も伸ばし、小選挙区制では過去最高の得票数・率となる健闘でした。
 ご支持いただいた区民のみなさん、ご支援いただいた支持者、読者、後援会のみなさん、大奮闘していただいた党員のみなさんに、心から感謝申し上げます。

 今回の総選挙は、安保法制=戦争法の強行からはじまった「市民と野党の共闘」でたたかわれた初めての衆議院選挙となりました。
 安倍総理の自己保身のための突然の冒頭解散、小池都知事による希望の党の結成と民進党の吸収、さらに「排除」されたメンバーによる立憲民主党の発足という情勢のめまぐるしい展開のなかで、日本共産党はあくまで野党共闘を追求しました。67人の候補を自らとりさげて最終的に全国の249の小選挙区で候補者の一本化を実現してたたかいました。その結果、野党三党の議席数は改選前の38(共産21、立憲15、社民2)から69議席(共産12、立憲55、社民2)へと大幅増となりました。
 17区でも、昨年の都知事選から始まった野党の共同が、今回初めて国政選挙で実現しました。

 日本共産党は議席の後退という残念な結果となりましたが、力をつけて捲土重来を期します。
 市民と野党の共闘をさらに発展させるとともに、公約実現のために全力を尽くす決意です。

安倍暴走政治の退場を

 モリカケ日報、政治の私物化、民進のゴタゴタ、北朝鮮の暴走…。
 いろいろあって冒頭解散。
 いよいよ野党と市民の共闘で、安部暴走政治を退場させようと思ったら、民進の脱落・・・。
 ブログを更新しない間に、いろいろなことがありました。

 で、希望の党。
 本日付「毎日」朝刊のエッセイストの小島慶子さんの発言に注目しました。

 「小池百合子さんは、映像メディアの特性をよく知っていると思う。
 『希望の党』の綱領…には、話題の言葉がすべて取り込まれている。多様性、寛容、情報公開、しがらみのない政治・・・。
 『こういう言葉が人々の心をつかみやすい世相なんだな』というぐらいに考えた方がいい。
 では、何を信じればいいのか。私は政治家が起きたことにどう対処したかを見ればいいと思う。
 …築地市場移転の最終判断尾記録を残していなかった。・・・関東大震災の際の朝鮮人虐殺被害者への追悼文送付を取りやめた時も…自分の考えをしめさなかった。
 前例に照らせば100%信用できないのではないか。」
 
 その通りと思います。

 「しがらみ」とは「まとわりつくもの」との意味のようです。
 豊洲移転にしても、追悼文送付のとりやめをみても、「しがらみのない政治」が言葉遊びにすぎないことは明らかです。

 野党と市民の共闘には、そんなものとは違い、前進する客観的な必然性があります。
 それを語りつくすのが、今度の選挙です。
 その先頭に立つ候補者としては、ますます、おもしろくなって来ました。

綱領を語る「野党共闘 歴史と展望」―日本共産党の「統一戦線」論

 木村陽治さん(元党都議団長・元中央委員)に講師をお願いして、党綱領を語る集いを開催しました。
 テーマは、党の「統一戦線」論。

 約2時間半にわたってお話してもらいました。30人ほど参加しました。

 まず、2年半前の第26回党大会では統一戦線の到達点をどうみていたか、から始まり
 今日の野党共闘の発展の意味、
 戦後の統一戦線運動の歴史と綱領との関係、
 さらに綱領第4章13節の記述を逐条的に詳しくお話し、
 「日本共産党はどういう日本をめざしているかだけでなく、どう実現しようとしているのか、その道筋を「統一戦線の発展」として、明らかにしている」こと。
 そこには社会は段階的に発展し、多数者の意思で一つひとつ前進するという立場にたって社会に働きかけるという、党の理念があることを説明しました。

 お話の後、3人から質問がありました。
 葛飾での野党共闘の展望についての質問には「それは、今日は地区委員長も参加しているので、地区委員長に答えてもらいます」と振られまして、私もお話しました。 

 感想文には
 「テーマも情勢にドンピシャ、とてもわかりやすいお話でありがとうございました」
 「野党共闘の意義や、綱領の一つひとつの文章の意味がよくわかった」
 「61年綱領ができるまでの話を統一戦線の角度から聞いたのは初めて」
 「『国共合作』の話は面白かった」
 「綱領で党建設の意義を書いているのが唯一、統一戦線発展の決定的な条件として、との指摘は目からウロコだった」
 などが寄せられました。
 「木村さんは『眠かったらどうぞ寝て下さい』と言ってたけど、寝ている人なんて一人もいなかった。もっと大勢に聞かせたかった」との声も、聞こえました。

 こうした集いをたくさん開きたいと思います。

 次回は、10月7日(金)午後6時~、
 「日本の安全保障―中国、北朝鮮、自衛隊」のテーマ
 石井耕太都委員会学習教育部長がお話します。

 ぜひ、お出かけ下さい。

対話演説

 JR亀有駅南口でQ&Aコーナーありの街頭演説を行いました。
 足をとめていただいたみなさん、足を運んでくれたみなさん、ありがとうございました。

 最初に三人が短い演説を行いQ&Aに。
 「共産党に、ほんとうに政権をとってほしい」という熱い要望から、保育基準のことや消費税と社会保障のこと、学費の値上がりや介護問題。そして中国や北朝鮮の問題など、いろいろな質問をいただき三人で応えました。また、高校生やさまざまなみなさんから声援をいただきました。

 野党の共同のひろがりの前に、安倍さんはシナリオが崩れてダブル選挙は打てませんでした。
 安倍暴走にしっかりと対案をもって対決し、野党共闘にも真剣な共産党が伸びれば、必ず総選挙での共闘にもつながります。

 投票日がとても楽しみです。

テクノプラザかつしかの演説会に450名

 テクノプラザかつしか・大ホールをお借りして開催した演説会で、区内各地から約450名の方にお話しを聞いていただきました。
 ありがとうございました。
 
 山添拓東京選挙区候補は、次の会場に向かうため先にお話ししてもらいました。
 和泉なおみ都議が、くらしの現場でともに住民の声をきいたことなど、紹介しました。
添・小
 田村智子参議院議員には、一昨年秋の演説会に続き同じ会場で約40分、縦横無尽に語っていただきました。
正面小
 私も今回の総選挙にむけて、初のごあいさつをさせていただきました。
 短いあいさつのなかで、安倍政権の暴走も戦後最悪だけど国民の反撃も史上最大ですよ。だから私は負けるわけにはいきませんよ。
 と、決意を述べながら、野党と市民の共同が実った最初のたたかいとして北海道5区補欠選挙が当面最大の注目、と、支援をよびかけたのですが…。

 なんと16万円以上の支援募金が会場で集まりました。
 参加者のみなさんの熱い願いをあらためて実感です。
 東京都委員会を通じて、統一候補の池田まきさんの選対に届けてもらうことにしました。

小選挙区候補者発表の記者会見

 安倍政権による夏の参院選と合わせたダブル選挙が現実味を増しています。
 そうなれば、国民と野党連合による政権をはじめて誕生させる、絶好のチャンスが到来します。

 というわけで、昨日、日本共産党東京都委員会は、来るべき総選挙にむけての東京の小選挙区候補者を第一次分として12名発表しました。私も17区で四度目の挑戦となります。
 国民・市民のみなさんとの共同を力にして、今度こそなんとしても勝ち抜く決意です。

 会見は、都庁記者クラブの記者会見場(?)で行われました。
 その後、マスコミ各社による候補者一人ひとりの写真撮影。
 左側の壁を背に座り右側から記者のみなさんが入れ替わりでシャッターを切ります。  
 反対側の壁でも同じことが行われています。
記者会見風景ッ_convert_20160331164627
 記者会見に同席にした山添拓参院東京選挙区候補も。
山添カメラ_convert_20160331164710
 終わって帰るころには、すっかり夕闇に。

 帰り道、
 田安門から見た千鳥ヶ淵の桜がすでに満開を迎え、見事でした。
田安門_convert_20160331164221

はたの昭彦候補、第一声

 足立区長・区議選が告示され、はたの昭彦区議候補の第一声が選挙事務所近くの公園前で行われました。

 足立区は、保育料が高く、近隣では無料となる住民税非課税世帯の第一子からも年額43,200円も徴収しています。そうやって1190億円もため込んでいるのに、学校は統廃合や、公園のトイレまで年間30万円の維持費をケチって130カ所も撤去しようとしています。
 共産党以外は、区長のいいなりになって100%なんでも賛成のオール与党。
 まともな政治をつくるためには共産党議員団を増やすしかありません。

 区長には斉藤まりこさんで、区民の声が生きる政治をつくりたい。
 おとなりの葛飾から、精いっぱいのエールを送りたいとおもいます。

 連休中、妻の実家の岩手へ。
 往路は、常磐道から三陸を経由しました。
 福島県内で、広野ICから浪江ICの間、国道6号を通ってみました。

 Jビレッジから徐々にサーベイメーターの数字があがり、福島第一原発から直線距離で4キロ程度の大熊町では車の中(そとには出られない。オートバイなどは通行禁止区間)で、7μ㏜/hを超えました。

 南三陸の旧防災庁舎のまわりはすっかり様子がかわり、かさ上げの土砂に囲まれていました。陸前高田も巨大な工事現場。津波で破壊された旧ユースホステルと一本松が、被災当時の様子を残していました。 
陸前高田IMG_0600_convert_20150510103615

いっせい地方選、最後の足立区長・区議選へ

 4月12日投票の道府県・政令市の首長・議員選挙、26日投票の市区町村の首長・議員選挙が終わりました。
 安倍政権の、平和とくらし・民主主義破壊の暴走に真正面から対決し、国民的な立場から対案をしめして草の根から共同を進める日本共産党に、全国各地から大きな期待をいただき、議席を伸ばすことができました。

 おろかにも安倍総理は「戦争立法」の成立を、米議会で宣言しました。
 主権者・国民の多数が今国会での成立に反対する世論を無視する態度は、戦前の政治体質そのもの。
 しかし、歴史の歯車をまきもどすことはできません。

 いっせい地方選を締めくくる足立区長・区議選告示を目前に、北千住駅で街頭演説が行われました。
北千住IMG_0593
 国民の意思を示すチャンスのすべてで、暴走ノーの審判を下すために力を尽くしたいと思います。

牧野けんじ事務所びらき

 いよいよ、江戸川区議会議員選挙の投票日まで一か月をきりました。
 事務所びらきで決意表明する牧野けんじ予定候補。隣は、河野ゆりえ都議(江戸川区選出)。
牧野事務所びらき″IMG_0569_convert_20150328181303
 現在37歳の牧野さん。若者世代・子育て世代の代表するにふさわしい人です。
 23歳の時に、共産党や民青に出会った牧野さん。以来、同世代の声に耳をかたむけ、若者の雇用問題にとりくみ政府や区とも交渉。江戸川区で初の若者就労支援施設「ヤングほっとワークえどがわ」を開設させました。
 
 昨日、安倍総理がブラック企業の企業名公表を表明しましたが、まさに牧野さんたちのような草の根の粘り強いたたかいの積み重ねが政治を動かしています。

 誰からも「誠実そのもの」と言われる牧野さん。
 安倍政権の暴走を止めるためにも、絶対に区議会に送り出さねば。

 事務所びらきでは私も一言ごあいさつさせていただきました。
 
プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、17年は43,138票(得票率19.59%)。
 葛飾区高砂6丁目で、妻、四女、猫1匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター