FC2ブログ

「秩父事件再発見」。区立図書館の蔵書に!

 昨年夏に発行された、ツルシカズヒコさんによる「秩父事件再発見」。
 このたび、めでたく葛飾区立図書館の蔵書の一冊となりました。


秩父再発見蔵書ク_convert_20190122173733


 「寄贈しなければならないかなぁ」と思っておりました。
 ちなみに、昨年末に増補版を上梓した「古川苞ーその不屈の生涯」は、国民救援会が寄贈したはずですが、まだ検索にはかかりません。

 私のつたないコメントも紹介されているこの本を、区民のみなさん誰もが気軽に読んでいただけるようになったことを、図書館のヘビーユーザーの私としては大変嬉しく思います。

45年ぶりの級友との再会

 今年還暦を迎えた、45年前に中学校を卒業した級友たちが、「新年の懇親会」を、通学した中学校に近い宴会場で開いてくれました。「懇親会」としたのは、連絡が取れない人も多く「同級会」とは銘打てないとのことだそうでした。
 ご苦労をされた地元に住む幹事のみなさんには、感謝の言葉もありません。

 高校進学が違う人とは、途中の同級会があったとはいえ45年ぶりの再会。
 「誰だ、あいつは」などと言いながら、よく見れば昔の面影がよみがえります。中には、卒業アルバムで確認する人も。
 あっという間に、会場のあちこちで車座ができては移り、思い出ばなしはつきず、腹の皮がよじれるほど笑いました。

 バレーボール部だった人が「今でもママさんバレーやってます」と、元気だったり、 一緒に中学駅伝を走った人に「今も走ることある?」と聞いたら、つい先日、地域のマラソン大会の10キロに出場したとのことで、こちらまで嬉しくなりました。

 一方、高校でも野球部をやった人は、大学に入ったら暴力がひどく、正座している一年生を上級生が殴ったそうです。「ひどかったー」と述懐していました。
 陸上部で生き生きと走っているものとばかり思っていた人が、実は、「もう嫌でやめるといったら、先生に殴られた。部活を休むとOGが自宅まで来て私を拉致した」「だから怖くて走っていた」。…あまりのことに胸の塞がる思いでした。
 「数年前に女子柔道の5輪選手たちがコーチの暴力を告発し、去年はスポーツ界の不祥事がいろいろ明るみにでて、声を上げる人が増えてきたよね」などと話しましたが、この国にはびこる暴力体質は一刻も早く一掃しなければなりません。

 なかには「ブログ見てるよ、でもちっとも更新しないね」とも。

 人生60年生きれば、いろいろあります。互いの家族のことを話しながらも、「でも孫ばなしと病気ばなしは遠慮したほうがいいかもね」などとも。
 次に会えるのが何年後になるかはわかりませんが、同級生たちがこの空の下のどこかで、それぞれ人生を全うしようとしていることに、温かい思いになった一日でした。 

 
 
 

独立記念日

 同居していた四番目の娘が、アパートの部屋を借りました。
 先日、2tのパネルバンのレンタカーで、妻と私も引っ越しのお手伝いをし、私も初めてパワーゲートなるものを操作して、娘の友人などからもらってあった冷蔵庫や洗濯機なども積み込みました。
 転居先の道路が狭いと駐車できるかが心配でしたが、幸い交通量の少ない広めの道で、雨にも降られず無事に引っ越しが終了しました。
 四女はこれまでも、オーストラリアの次女のところに丸一年居候したり、派遣でスキー場に1シーズン住み込みで働いたりと、家を長く離れることはあったのですが、いよいよ今回は本格的な独立です。

 とうとう私たち夫婦の4人の子どもたちが、全員巣立ちました。
 その日は帰ってから、妻と長年の互いの労をねぎらい、乾杯しました。

 今日から12月ですが、わが家の朝顔は今朝も花をひらき、健気にもつるもわずかですがのばしています。  
朝顔加工済み

JCPサポーターまつり

 都立青山公園南地区。
 私が着いたのは炎上寺ルイ子さんのステージが始まる頃。
炎上寺加工
 最初は、炭坑節や東京音頭で盆踊りだったのですが
 そのテンポのまま「昭和歌謡メドレー」も始まり・・・
 吉良さんや山添さんも踊りの輪の中に
踊る吉良さんら加工

 会場に飾られた三角旗。
 「JkSS]も。
三角旗加工

 フェンスを挟んだ隣は、麻布ヘリ基地。
 都心の一等地に米軍基地がある異常。
麻生へり基地加工
 会場のあちこちでトークやライブがありました。
 おいしい芋煮やお酒も味わい、新鮮な野菜などの買い物も楽しみました。

秋の山歩き

 先日の毎日新聞に掲載された浅間山の登山記事に誘われ、二か月ぶりの山歩き。
 噴火の警戒レベルが2から1に下がったため、火口近くの前掛山まで登れるとのこと。以前に妻と外輪山の黒斑山から眺めたことがあります。

 前夜は、とある山中で車中泊。
 明け方目を覚ますと、まだ雨音が車を包んでいましたが、登山口の天狗温泉浅間山荘へ。すでに駐車場には十数台の車。
 歩き始めるとすぐに、現在の警戒レベルが掲示されています。かつての噴火では2キロ以上離れた場所に直径1メートルの噴石が飛んできたとも。

 御嶽山の不幸な災害から4年。観測体制の強化が求められます。

 よく整備された渓谷沿いの山道を歩くと、ナナカマドの真っ赤な実にはまだ滴がついていました。  
ナナカマド加工

 シェルター機能も備えた山小屋「火山館」を過ぎるとカラマツがきれいな湯の平に。
コメツガ加工

 前掛火口の淵というか鞍部には二つのシェルターがありました。
シェルター加工
 ガスが切れることはなく展望はえられませんでした。風もあったので、食事は火山館まで下ってからいつもの山飯。
 秋の山歩きを楽しむことができました。
プロフィール

新井杉生

Author:新井杉生
 1959年2月、埼玉県吉田町(現・秩父市)の農家に生れる。子どもの頃から山や川が遊び場で、今もテントを背負って山々を巡るのが夏の楽しみ。
 77年原水爆禁止世界大会に初参加以来、反核・平和運動にかかわり、現在も原水爆禁止葛飾協議会常任理事。
 81年から共産党専従、同年結婚。保育士の妻との間に4女に恵まれる。84年に民主青年同盟葛飾地区委員長、その後、同・東京都常任委員の後、足立や葛飾の党地区委員会勤務を経て、13年から葛飾地区委員長。
 09年から総選挙(東京17区)に出馬(同年は葛飾区長選挙も挑戦)、17年は43,138票(得票率19.59%)。
 葛飾区高砂6丁目に、妻・猫2匹と暮らす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター